カテゴリー: きれいサロン

間違った方法は危険!毛穴パックの正しい頻度とは?

2019年02月20日

間違った方法は危険!毛穴パックの正しい頻度とは?



毛穴の汚れや角質を根こそぎ取ってくれる毛穴パックは、手軽に使えて即効性があるとても魅力的なアイテムですよね。

とくにシートタイプの毛穴パックはごっそり取れた角栓を確認できるのが楽しくて、愛用されている方も多いのではないでしょうか。

毛穴パックを愛用している女性

毛穴パックは毛穴トラブルを解決してくれる頼もしいアイテムなのですが、メリットだけではなくデメリットもあります。
間違った方法で使っていると思わぬお肌トラブルを引き起こす危険性もあるのです。


1.毛穴パックにはデメリットがある!



毛穴パックには、貼って使うシートタイプと洗い流すタイプの2種類があります。
シートタイプの特徴とデメリットシートタイプは、水で濡らした鼻にシートを貼って乾いたらはがします。

シートの吸着力で、毛穴に詰まった汚れや角栓を引っこ抜くように一気に取り除きます。
敏感肌の方にはおすすめできません。

高い吸着力があるため、お肌にとって必要な肌表面の油分や角質まで取ってしまうデメリットがあります。
洗い流すタイプの特徴とデメリット洗い流すタイプはジェル状やクリーム状のもので、おもに大地の粘土層からとれるクレイや炭酸ガスを原料にしています。

クレイや炭酸ガスが持つ吸着力が毛穴の汚れや角質を除去してくれます。
顔全体または気になる部分に塗り、乾いたら洗い流します。

毛穴パックのデメリットを知らない女性

シートタイプに比べてお肌への負担は小さいですが、非常に強い洗浄力があるためお肌にとって必要な水分や油分まで洗い流してしまうデメリットがあります。

また、洗い流すタイプの場合パック後の洗顔は行いませんので、洗い流すときはパックの成分が残らないよう注意しましょう。

シートタイプ・洗い流すタイプ、どちらも吸着力が強いためお肌へ大きな負担がかかります。
使用後の十分なスキンケアと使用頻度には気をつける必要があります。


2.毛穴パックは、使用後の十分なスキンケアと使用頻度!



シートタイプシートタイプのパックを使ったあとは、毛穴が開いたままになっています。
ダメージを受けたお肌に栄養を補給してあげましょう。

時間を置かず、まず化粧水でパッティングして毛穴を引き締めていきます。
化粧水を冷蔵庫で冷やしておくと毛穴の引き締め効果がアップしますよ。

次に保湿クリームをたっぷり塗りましょう。
保湿クリームを塗ることで、水分補給したお肌にふたをします。

水分と油分の両方を補うことが大事です。
水分と油分が不足していると毛穴は開きっぱなしになり、汚れが溜まりやすい状態になってしまいます。

洗い流すタイプ洗い流すタイプを使ったあとは、パックの成分がお肌に残らないようぬるま湯でしっかりと洗い流しましょう。

毛穴パックの正しい使い方を説明する女性

洗い残しはお肌トラブルの原因になりますので、気をつけてくださいね。
その後のスキンケアはシートタイプと同じです。

毛穴パックは、お肌のターンオーバーを考えて行うのが効果的です。
つまり、1か月に1回行うのが理想的です。

毛穴パックは刺激が強くお肌に大きなダメージを与えますので、頻繁に行っていると余計に毛穴が開いてしまう原因になります。


3.おわりに



毛穴パックを失敗しないコツは、使用後の十分なスキンケアと使用頻度を守ることです。

使用後の十分なスキンケアと使用頻度を守っていれば、とても効果的な毛穴ケアといえるでしょう。
正しく使って、毛穴レスのキレイなお肌を目指してくださいね。

ビタミンC誘導体の美白効果と副作用

2018年12月18日

ビタミンC誘導体の美白効果と副作用




1.ビタミンC誘導体の美白効果とその特徴とは?


ビタミンCには紫外線によるダメージが原因で発生するメラニンを抑制する効果や、できてしまったメラニンを中和して白くする高い美白効果があります。

さらにコラーゲンの生成を促進したり、肌のターンオーバーを正常化するなど美白には欠かせない成分です。
しかしビタミンCは非常に酸化しやすく、さらに分子の大きさも大きいため、そのまま肌に乗せてしまうと効率よく吸収されず、その効果を実感することができません。

ターンオーバーを正常化したい女性

だからこそレモンパックで効果を実感することができない人が多いのかもしれないですね。
そしてそんなビタミンCの分子を細かくし、酸化しにくくしたものがビタミンC誘導体なのです!

ビタミンC誘導体は肌に浸透しやすく、ビタミンCの持つ美白効果はそのままなので多くの化粧品に使用されています。
その効果は高く、今は厚生労働省にも認められる医学部外品になりました。


2.ビタミンC誘導体は2種類ある


ビタミンC誘導体は水溶性と油溶性の2種類があります。
水溶性はより肌に吸収されやすいため美容液や化粧水に多く使われています。

ビタミンC誘導体に疑問をもつ女性

そして油溶性は水溶性と入荷させたものでクリームなどに配合されています。


3.ビタミンC誘導体は別名がたくさん!


化粧品の表示を見てもビタミンC誘導体の名前が見つけられない場合もあるかもしれません。
そんな時実はビタミンC誘導体は別名で表示されている場合があります。

ビタミンCは別名「アスコルビン酸」と呼ばれているため、ビタミンC誘導体もアスコルビン酸Na、リン酸アスコルビル、APPS、リン酸型ビタミンCなど表示名がたくさんあるのです。

ビタミンC誘導体について説明する女性


4.ビタミンC誘導体の副作用とは?


ビタミンC誘導体の副作用はほとんどありませんが稀に肌に合わず副作用が出る場合があります。
肌の皮脂コントロールを左右するためそれが原因で乾燥を引き起こしたり、発疹やかゆみが出る場合があります。

基本的には保湿を十分に行っていれば問題はありませんが、何かトラブルが出た場合は一度使用を中止して様子を見てみるほうがいいでしょう。

女性の薄毛対策、育毛剤選び方

2018年11月04日
女性の育毛剤選び方についてよく、抜け毛や薄毛と聞くと中高年の男性というイメージがあります。
最近では、抜け毛や薄毛に悩む若い女性が、特に多いそうです。

原因としては、仕事、人間関係のストレス、無理なダイエットをしたり、寝不足や慢性的な疲れから、ホルモンバランスが乱れることによって、抜け毛や薄毛を引き起こすそうです。

抜け毛や薄毛について解説する女性

抜け毛や薄毛になることで、ボリューム感がなくなったり、ペッタンとした髪になったりします。
そこで、今回は女性の育毛剤をどんなのがよいのか、選び方について、紹介したいとおもいます。

女性の育毛剤の選び方としては、髪の毛の状態から選ぶことです。女性の育毛剤は昔から比べると、最近では、女性用の育毛剤は何種類以上もあるそうです。

どれを選んだらよいのかわからないくらいあるそうです。
女性用育毛剤を選ぶなら、抜け毛をおさえるタイプや発毛を促進するタイプの2種類があります。

女性用育毛剤の選び方に悩む女性

自分の悩みから育毛剤を選ぶことです。例えば、とにかく抜け毛が多くて困るとか、薄毛が気になるので髪の毛を増やしたいというなら、発毛を促進するタイプなどがあります。

また、頭皮に問題がなくても、抜け毛が多かったりする場合は、何らかの原因で男性ホルモンが分泌されることがあるそうです。
そういった場合は、男性ホルモンの分泌をおさえてくれるような育毛剤を選ぶといいです。

自分の頭皮の状態にあった女性用育毛剤すすめる女性

人より髪の毛の伸びが遅かったり、ハリやコシがないとおもったときは、自分の頭皮の状態にあった女性用育毛剤を選ぶことです。
プロフィール
管理者:きれいサロン
2019年 02月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
最新記事
カテゴリー
リンク集